債務整理 任意整理

任意整理とは

 

任意整理とはどんな方法ですか?


 

 

任意整理は、その名のとおり「任意」で借金を整理する方法です。裁判所などの公的機関を通さずに債権者と交渉をして借金の額を減らしてもらいます。


 

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、無理なく支払いができるような条件で合意させる手続きです。債務整理の中で最もよく利用されるのがこの任意整理です。また長期間返済を続けている場合は、過払い金が発生している可能性があります。

 

自己破産や個人再生など、他の債務整理と比べると手続きの流れが簡単で、早く解決させることができます。ただし、強硬な債権者だと交渉に応じてくれないこともあるので、長期化する場合もあります。

 

任意整理に向いている人

すべての人が任意整理を行えるわけではありません。では、任意整理に向いている人はどんな人なのでしょうか?

 

定期的な収入がある

任意整理をすると利息・遅延損害金のカットや過払い利息との相殺は可能ですが、それ以上の元本の大幅なカットはまず期待できません。また返済総額は減らせても、それを3年から5年という長期にわたって分割返済しなければならないため、定期的な収入がなければ途中で返済計画が頓挫してしまう恐れがあります。

 

なお、それまで真面目に返済していた人であれば、貸金業者との交渉において有利に働くこともあり得ます。そのため任意整理に向いている人は「定期的な収入があり、それまで真面目に返済していた人」と言えます。

 

整理する債権者を選びたい

任意整理は裁判所を介さないので、比較的自由に手続きを行うことができます。そのため整理する債権者を選んで一部の債務だけ任意整理することも可能です。

 

例えば保証人がいる借金があった場合、保証人に迷惑をかけたくないのでその借金を外して任意整理をしたり、自宅やマイカーを守るために住宅ローンや自動車ローンを任意整理の対象から外す、と言ったこともできます。

 

なので保証人に迷惑をかけたくない、自宅や車を手元に残したい、と言った人に向いています。

 

家族に知られずに債務整理をしたい

任意整理の場合は個人再生や自己破産のように裁判所に行く必要がないので、家族や周りの人にバレる可能性が低いです。また必要な書類も少ないので、家族に内緒で手続きを進めやすい方法です。

 

どうしても家族に知られたくないという人は任意整理を選ぶことをおすすめします。

 

免責不許可事由に該当している

自己破産の場合、破産手続きをしても免責が認められないケースもあります。例えば借金をしてギャンブルで浪費した、過去7年以内に免責決定を受けているなどの場合は免責不許可事由に該当するため免責は認められません。

 

例外もありますが、該当している場合は自己破産をしても借金はなくならないので、任意整理を選択した方が良いでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について