債務整理 期限の利益の喪失

期限の利益の喪失とは

 

任意整理後に返済が滞ると、残りの借金を一括返済するよう請求されると聞いたんですが…


 

 

任意整理をしたにもかかわらず返済の延滞があると、「期限の利益の喪失」を主張されて残りの借金を一括で返済するよう請求される場合があります。


 

任意整理をすると毎月の返済額が支払い可能な額になるよう和解契約を結ぶことになります。しかし、任意整理で和解が成立した後に、減給や失業など何らかの理由で返済が困難になってしまうことがあるかもしれません。

 

一般的に、和解をした時に交わされる和解契約書には、返済を怠った時の条項が記載されています。たとえば「2回以上返済を怠り、延滞額が支払額の2回分以上になったとき、期限の利益を喪失する」といったものです。

 

期限の利益とは、契約で定めた返済期日が来るまでは返済をしなくてもいいという消費者側の権利です。この権利が喪失してしまうということは、返済期日に関わらず残りの借金を一括で返済しなければならなくなるということです。

 

期限の利益は任意整理をした場合だけでなく、通常お金を借りる時やローンを組むときの契約書にも記載されています。もし期限の利益がないと、借金をした翌月に一括で返済を請求されてしまう可能性もあります。それを、期限の利益があることで「○年後までに返済する。それまでは返済を分割で行い、期日までは返済の履行は行わない」という契約を結んでローンを組むことが出来るのです。

 

期限の利益を喪失するのは以下の時です。

  • 債務者が破産手続き開始の決定を受けたとき
  • 債務者が担保を滅失、損傷、または減少させたとき
  • 債務者が担保を供する義務を追う場合において、これを供しないとき

 

上記以外にも一方当事者の信用が失われたと考えられる場合もあるので、これらとは別に当事者の合意によって、契約書に期限の利益が喪失する事由を追加することが出来ます。任意整理で和解した場合は、一般的に2回以上の延滞・遅延があると期限の利益が喪失し、業者側は残金を一括請求できる権利が発生するようになっています。

 

とは言え、1〜2か月程度の延滞であれば、すぐに誠実な対応を取って今後は必ず支払うことを約束すれば穏便に済ませてくれるケースも多いです。この辺りは業者にもよります。一番いけないのは、支払いが出来そうもないからと言って黙って支払わないでいることです。

 

もしその月は返済が難しいのであれば、返済が出来なさそうだと分かった時点で早めに業者に相談しましょう。また、任意整理を依頼した弁護士にも相談した方が良いでしょう。

 

どうしてもこの先も返済が出来そうにない場合は、もう一度債務整理を行って自己破産や個人再生をすることもできます。まずは一度、弁護士に相談することをおすすめします。

関連ページ

任意整理とは

任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について