債務整理 タイミング

債務整理のタイミング

 

もう少し頑張って何とか借金を返済できるかもしれない、債務整理をするにはまだ早い気がする…と思ってしまうのですが、債務整理をした方が良いタイミングはどんな時ですか?


 

 

債務整理はなるべく早いタイミングで始めた方が良いでしょう。返済が苦しくなり、借金を返すために借金を繰り返してしまうようなら今すぐにでも始めてください。


 

借金をしてしまった時、たいていの人はどうしても借金をしていることを誰にも知られたくないので、何とか隠し通して自力で完済しようと考えます。真面目な人ほど、自分で借りたお金を自分で返すのは当然だと考え、誰の力も借りずに一人で乗り切ろうとしてしまいます。そのため返済が厳しくなっても「もう少し頑張ってみよう」と思い、なかなか債務整理をすることを決心できないでいます。

 

しかし、借金を返すために借金をして自転車操業をしているような状態では借金はちっともなくなりません。それどころかさらに利息が増えてどんどん借金は多くなってしまいます。すると生活も困窮していき、精神的にもどんどん追い込まれていきます。そうなる前に、なるべく早く債務整理を始めましょう。

 

中には債務整理をするべき状態になっているのに「自分はまだ大丈夫」と思っている人もいるかもしれません。では、債務整理をすべきタイミングとはどんな時なのでしょうか?

 

毎月の返済総額が月収の3分の1以上ある時

一般的に、手取り月収の3分の1以上を月々の返済に取られてしまうと、生活が逼迫してくると言われています。このタイミングで債務整理を検討する人もたくさんいます。

 

現在日本では総量規制というものが設けられており、年収の3分の1を超える借り入れができなくなっています。借金が年収の3分の1を超えてしまうと、経済的に破綻する可能性が高くなると言われているため、このような基準が設定されました。

 

これを月収に置き換えた場合も、やはり月収の3分の1以上の金額を毎月返済していると生活が厳しくなってしまいます。金融業者に相談をして返済期間を延ばしてもらうか、月々の返済額を小さくしてもらうという方法もありますが、それが難しい場合は債務整理を行う必要があります。

 

仕事を続けられなくなってしまった時

失業や転職、病気や怪我などで仕事を続けられなくなってしまうと、1〜3ヶ月くらいは何もなければ何とかなるかもしれませんが、その間に仕事に復帰できなければ借金の返済を続けることは難しくなります。こうしたタイミングで債務整理を検討する人も大勢います。

 

また、実際に仕事を続けられなくなる前に、続けられる見込みがないと判断した時や収入が減ってしまった時も、将来的な家計状況を見越して債務整理を行うのもいいでしょう。

 

借入先が3社以上になってしまった時

複数の借入先から借り入れをしている人を「多重債務者」と言います。借入先が3社以上になると、それぞれの業者から借りている金額は少なくても、利息はどんどん増えていくので借金の総額はかなり大きくなってしまいます。

 

借入先が増えると利息がどんどん大きくなり、利息の返済だけで精いっぱいで元本が一向に減らないといった状況に陥ってしまう可能性もあります。こうなってしまうとどんなに頑張っても借金はなくならないので、すぐに債務整理をすることをおすすめします。

 

また借入先が多いほど債務整理にかかる費用は高くなる場合があります。借入先がこれ以上増えないうちに、早めに債務整理を始めましょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について