債務整理 必要書類

債務整理に必要な書類

 

債務整理に必要な書類にはどんなものがありますか?


 

 

債務整理の方針やその人の資産状況によって必要な書類の数は変わってきますが、共通しているのは身分証明書や借入時の契約書、取引明細などです。


 

債務整理に必要な書類には以下のようなものがあります。

 

基本的な必要書類

身分証明書

身分証明書として運転免許証、保険証、パスポートなどを用意しましょう。現住所が分かるものが一番いいです。

 

債権者一覧

債権者(お金を借りている相手)についてわかる範囲でまとめておきましょう。一覧にして「どこからいくら借りて、いつから借りているか、いくら返したか、いくら残っているか」などを分かるようにしておきます。思い出せなければ分かる範囲で大丈夫です。

 

借入時の契約書

借入をした時の契約書や借用書があると手続きがスムーズに進みます。なくしてしまった場合はなくても大丈夫です。

 

取引の明細書

ATMなどで借入や返済をした際に発行される明細が残っている場合は提出しましょう。また債権者が発行した領収書や受領書があればそれも提出します。

 

クレジットカード、キャッシュカード

現在持っているすべてのクレジットカード、キャッシュカードは債務整理を開始すると使えなくなってしまうので、すべて提出しましょう。契約書類やクレジットカードを紛失してしまった場合でも手続き可能なので、相談してみるといいでしょう。

 

印鑑

債務整理の依頼を契約する際に必要になります。シャチハタ以外であれば認印でも大丈夫です。

 

収入証明書

収入を証明する必要がある場合は、給与明細や源泉徴収票などを用意しておきましょう。夫婦共働きの場合は配偶者の収入証明書を求められることもあります。

 

預貯金通帳

預貯金の有無や過去2年分の取引状況を確認する必要がある場合もあります。預貯金が分かる通帳を用意しておきましょう。

 

資産関連書類

資産がある場合は債務整理の方法によっては適していないこともあるので、財産状況を確認する必要があります。該当するものがあれば用意しておきましょう。

 

不動産の最新の登記簿謄本

土地や持ち家など、不動産を所有している場合はその登記簿謄本が必要です。登記簿謄本は法務局で取得することが可能です。

 

車検証の写し

自動車や自動二輪車を所有している場合はその車の車検証のコピーが必要になります。両方所有している場合は両方の車検証が必要です。

 

保険証券の写し

生命保険、学資保険、自動車保険、火災保険などの保険に加入している場合は保険証券のコピーが必要になります。ない場合は保険会社に再発行してもらいましょう。

 

保険解約返戻金証明書

生命保険や学資保険など、保険を解約して返戻金を受け取った場合は保険解約返戻金証明書が必要になります。

 

退職金を証明する書面

退職金を受け取っていた場合はそれを証明する書面、将来退職金を受給する見込みがある場合はその計算書が必要になります。これらは勤務先の会社から取得することが可能です。

 

退職金の証明物を会社に請求すると債務整理をすることがバレてしまうので困るという場合は、就業規則や退職金支給既定の書類と一緒に自分で作成した計算書を提出することで代用できる場合もあります。

 

年金受給証明書の写し

年金を受け取っている場合はその金額を明らかにする書面のコピーが必要です。市役所で取得可能です。

 

公的給付金の写し

生活保護を受給している場合はその金額を明らかにする書面のコピーが必要です。こちらも市役所で取得可能です。

 

財産分与明細書

財産分与をしたことがある人はその明細書が必要になります。財産分与とは離婚時に夫婦が結婚生活で築いた財産を分けることです。そうした過去がない場合は不要です。

 

財産相続明細書

財産相続がある場合はその明細書が必要になります。財産を相続した経験がない場合は不要です。

 

法律事務所によっては他にも提出を求められる書類がある場合もあります。詳しくは各事務所に問い合わせてみるといいでしょう。

 


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について