債務整理 流れ

債務整理の流れ

 

実際に債務整理を行う時はどのような手順で進めていくのか、大まかな流れを見てきましょう。


 

1.専門家に相談する

まずは法律の専門家である弁護士や司法書士に相談してみましょう。債務整理は司法書士に依頼しても行うことはできますが、債務額が140万円を超えると手続きができないなど制限があるので、弁護士に依頼することをおすすめします。

 

最近では多くの法律相談所で無料で債務整理の相談を受け付けています。メールや電話で面談の日を決め、実際に法律事務所へ行って相談します。面談では現在の生活状況、仕事の状況、毎月の返済額、返済が遅れていないかどうか、今までの借入の経緯などを聞かれます。借金に関することは嘘や隠し事などはせず、すべて話しましょう。

 

生活状況や収入面、返済額などを伝えて相談してみることで、どの債務整理の方法が向いているかを決めていきます。

 

2.正式に手続きを依頼する

相談してみて正式に依頼することを決めたら、委任の書類を作成し契約となります。債務整理を行う人は経済的に厳しいことを弁護士側も理解しているので、費用面についてはそこまで心配しなくても大丈夫です。最近では着手金も含めて弁護士費用を分割で支払うことができる法律事務所が増えているので、相談してみるといいでしょう。

 

契約を交わしたら、基本的には弁護士側がすべての手続きを行います。依頼者が行うのは裁判所で手続きを行う際の書類の準備程度なので、あとは法律事務所に任せてしまって大丈夫です。

 

3.受任通知の発送

契約をしたら、すぐに弁護士が債権者に対して受任通知を送付します。受任通知とは、債権者に対して債務整理を開始した旨を伝えるもののことです。受任通知を受け取った債権者は借金の催促を本人に直接することができなくなるので、借金の取り立てが一旦ストップします。

 

今後は弁護士が代理人となって債権者と交渉してくれるので、依頼者は債権者と直接連絡を取らなくてよくなります。

 

4.正確な債務額を把握する

受任通知を発送するとき、併せて過去の取引履歴を開示するよう請求する「債権調査票」というものも送付します。これによってすべての取引履歴が開示されます。取引履歴には、いついくら借りて、いついくら返済したのかという過去の借り入れと返済の記録が記載されています。

 

この取引履歴をもとに引き直し計算がされ、正確な債務額が分かります。場合によっては過払い金が発生していることもあり、債務額が減額されたり、過払い金が債務額よりも多い場合は借金がゼロになりさらにお金が戻ってくることもあります。

 

5.方針の決定

正確な債務額が確定したら、債務整理の方針を決定します。3〜5年で返せる状況であれば任意整理、債務額が多い場合は個人再生や自己破産をすることになります。

 

また、過払い金が多い場合は過払い金返還請求手続きへと移行します。

 

6.債務整理の実行

債務整理の方針が決まったら、あとは方針に従って手続きを進めていきます。

 

任意整理の場合は弁護士が消費者金融、クレジットカード会社などと交渉し、和解を成立させます。任意整理の場合、原則として利息は一切支払いません。そのため元本だけを返していくことになるので、これまでより負担が軽くなり、早く完済できるようになります。

 

自己破産、個人再生の場合はそれぞれ決まった資料や書面を裁判所に提出する必要があるので、これらを準備することになります。また、自己破産であれば裁判所に1回以上弁護士とともに出頭したり、管財人弁護士と面談をする必要があります。個人再生の場合は再生委員との面談が必要となります。

 

自己破産の場合は、手続きが終了し免責が認められれば借金の返済が全て免除されるので借金を支払わなくてよくなり、債務整理がすべて終了します。個人再生の場合は手続き終了後、決定した返済計画に従って借金を返済していきます。個人再生をすると債務額は原則5分の1になるので、大幅に負担が軽減されます。

 

 

流れとしてはおおよそこのようになっています。債務整理の期間が早く終わるか長引くかどうかは債権者が交渉に応じてくれるかでも変わってくるので、弁護士の技量にもかかっています。債務整理の実績のある法律事務所ならノウハウを持っているので、スムーズに手続きを進めてくれるでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について