債務整理 メリット デメリット

債務整理のメリット・デメリット

 

債務整理をすることでどんなメリットがあるのでしょうか?またデメリットもあるのでしょうか?


 

 

債務整理は借金が減る、もしくはなくなるというメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。債務整理の方法によってメリット・デメリットは異なります。


 

債務整理を行うとどんなメリットがあるのでしょうか?また、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

任意整理のメリット・デメリット

任意整理をすると以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

メリット デメリット
  • 取り立てが一旦ストップする
  • 一部の債務だけを整理することもできる
  • 周りにバレる心配がない
  • 将来利息が免除されるので完済が早まる
  • ブラックリストに載るので、5年ほど借り入れができなくなる
  • 強硬な債権者の場合は交渉に応じないこともある
  • 自己破産や個人再生に比べて債務を減額させる効果が低い

 

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に受任通知が送付されるので取り立てが一旦ストップします。これだけでも精神的にかなり楽になるでしょう。また、原則として将来利息が免除されるので返済負担が大幅に減り、完済が早まります。

 

任意整理は裁判所を通さない手続きのため比較的自由に手続きを行うことができます。そのため住宅ローンや車のローンなどを整理の対象から外し、住宅や車を手放さずに債務整理を行ったり、保証人のいる借金を対象から外すことで保証人に迷惑をかけないようにすることも可能です。

 

しかし任意整理を行うとブラックリストに載るため、5年ほど新たに借り入れをしたりクレジットカードを作ることができなくなります。また、任意整理はあくまで「任意」のため、強硬な債権者の場合は交渉に応じてもらえないこともあります。

 

過払い金が発生していれば元本を減らすことも可能ですが、他の債務整理と比べると減額させる効果は低いです。

 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産をすると以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

メリット デメリット
  • 取り立てがすべてストップする
  • 借金がすべて無くなる
  • 収入が無くても手続きができる
  • ある程度の財産は手元に残すことができる
  • ブラックリストに載るので、5〜10年程度借り入れができなくなる
  • 住宅や車などの高額な財産を処分しなければならなくなる
  • 住所・氏名が官報に掲載される
  • 職業によっては資格制限を受ける

 

自己破産の手続きを行って免責決定が認められると、すべての借金の支払い義務が免除されて借金がゼロになります。借金を支払わなくて済むので精神的にかなり楽になりますが、住宅や車など、原則20万円以上の価値のある財産は処分しなければならなくなります。

 

とはいえ、何もかも差し押さえられて無一文になってしまうわけではありません。自己破産をした場合は、自由財産という手元に残せる財産があります。自由財産には以下のものが該当します。

  • 99万円までの現金
  • 生活に必要な家財道具
  • 仕事に必要な道具
  • 20万円未満の価値の財産

 

場合によっては保険の解約返戻金や銀行預金なども自由財産として認められることがあります。また、退職金や年金、生活保護、児童手当なども差押禁止財産のため受け取れなくなるといったことはありません。

 

また自己破産を行うと官報に自分の住所・氏名が記載されます。しかし一般の人が官報を見ていることはまずないので、周囲にバレる心配はありません。返済が困難であることが認められれば誰でも手続きを行うことができますが、ギャンブルや浪費などによる借金の場合は免責が認められないこともあります。

 

なお、自己破産をすると資格制限を受けるので、職業によっては免責が下りるまで就業できないことがあります。資格制限によって影響を受ける職業には弁護士や司法書士、不動産鑑定士、税理士、公認会計士、宅地建物取扱主任者、警備員などがあります。

 

個人再生のメリット・デメリット

個人再生をすると以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

メリット デメリット
  • 取り立てが一旦ストップする
  • 借金が原則5分の1に減額される(最低金額は100万円)
  • 住宅や車を手元に残せる
  • 資格制限がない
  • ブラックリストに載るので、5〜10年程度借り入れができなくなる
  • 返済が継続できる収入がないと手続きができない
  • 住所・氏名が官報に掲載される
  • 手続きが複雑なため、手間と時間がかかる

 

個人再生を行うと、借金が原則5分の1、もしくは最低100万円まで減額されます。借金の負担が大幅に軽減されるのでかなり楽になります。また個人再生の場合は自己破産と異なり住宅や車を処分せずに手元に残すことができます。

 

ただし、残りの借金を原則3年で完済しなければならないので、個人再生を行うには返済が継続して行えるよう安定した収入があることが条件となります。そのため無職の人や生活保護受給者などは個人再生を行うことはできません。

 

他の債務整理同様、一定期間ブラックリストに載るのでその間は新たに借り入れなどができなくなります。しかし自己破産のように資格制限を受けることもありませんし、借金の原因がギャンブルや浪費であっても手続き可能なので、条件を満たしていればメリットの大きい方法と言えます。

 

過払い金返還請求のメリット・デメリット

過払い金返還請求をすると以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

メリット デメリット
  • 払い過ぎた利息が戻ってくる
  • 完済している場合はブラックリストに載らない
  • 過払い金請求をした業者からは二度とお金を借りることができない
  • 返済中の場合はブラックリストに載ってしまう

 

過払い金返還請求の最大のメリットは、過払い金が発生している場合は払い過ぎていたお金が戻ってくるということです。一見デメリットがなさそうにも思えますが、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは、過払い金を請求した業者からは今後二度とお金を借りることができなくなってしまうということです。

 

ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社では、過払い金返還請求をした顧客の情報を自社で保管しています。そのため、一度過払い金返還請求を行った業者からは再度借り入れをしたり、クレジットカードを作ることは難しくなります。クレジットカードの場合はキャッシング枠だけでなくショッピング枠も利用できなくなります。

 

なお、過払い金返還請求をするとクレジットカードは解約扱いとなるので、月々の公共料金や通信料の引き落としに使っている場合は注意が必要です。

 

また完済している借金の場合はブラックリストに掲載されませんが、返済中の借金に関しては債務整理扱いとなるのでブラックリストに掲載されてしまいます。この辺りも注意した方が良いでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について