債務整理 期間

債務整理にかかる期間

 

債務整理を実際にすることになった場合、どれくらいの期間がかかりますか?


 

 

債務整理にかかる期間は、債務整理の方針などによって異なります。


 

任意整理にかかる期間

任整理の場合、依頼してから返済が開始されるまで一般的に3〜6か月かかると言われています。裁判所を介さずに債権者と弁護士が直接やり取りを行っていきます。債権者がすぐに交渉に応じてくれればスムーズに手続きが進みますが、なかなか交渉に応じてくれなければ長引くこともあります。

 

和解契約が締結すれば返済開始となります。返済は原則3年間での分割払いとなっています。ただし、借金の残高が大きい場合など、ケースによっては5年間で返済していくこともあります。

 

個人再生にかかる期間

個人再生の手続きには申立から再生計画の認可決定までにだいたい4〜6か月ほどの期間がかかります。また、この手続きにかかる期間は時婚再生委員が選任される東京地方裁判所のケースと、その他の地方裁判所とでも異なります。

 

個人再生での返済期間は原則3年、特別な事情がある場合は最長5年と定められています。そのため個人再生手続きで再生計画を提出する際には、3〜5年の弁済計画を立案する必要があります。

 

なお、途中で弁済ができなくなった場合は再生計画の延長が可能なケースもあります。

 

自己破産にかかる期間

自己破産には「同時廃止手続き」と「管財手続き」があり、どちらの手続きかによってもかかる期間が異なります。同時廃止手続きなら通常3ヶ月で終わると言われていますが、管財手続きの場合は6か月以上かかることが多いです。場合によっては1年以上かかることもあります。

 

しかし管財手続きになった場合でも、東京地方裁判所などの一部の裁判所では、長くても2〜3ヶ月で終わらせることを目的とした「「少額管財事件」という制度があり、手続きの迅速化が図られています。

 

なお、自己破産の場合は免責が認められれば借金を支払わなくてよくなるので、その後は特に何もする必要はありません。ただし5〜10年間はブラックリストに載るので新たに借り入れをしたり、カードを作ることはできません。

 

また支払の督促自体は弁護士に依頼して債権者に受任通知が送られた時点でストップするので、借金返済に追われる日々からはすぐに解放されます。

 

過払い金返還請求にかかる期間

過払い金返還請求の場合、最終的に和解できるか訴訟にもなるかどうかでも大きく変わってきますが、平均するとだいたい3〜6か月以上はかかると思っておいた方がいいでしょう。

 

また貸金業者によっても異なります。例えばアイフルなどは支払いまでの期間が長いことが有名で、和解でも6か月以上、訴訟なら8ヶ月以上かかる可能性があります。一方、大手カード会社などだと和解で満額に近い金額を数か月で回収できる可能性もあります。

 

過払い金返還請求はすでに完済している借金に関しても後から請求ができるのですが、貸金業者側からすると当然嫌なものです。実際に消費者金融の最大手の1社でもあった武富士が、相次ぐ過払い金の請求により資金が底を尽き倒産したこともあり、消費者金融の多くは過払い金をできるだけ支払いたくないと考えているのです。

 

資金的に余裕のある業者は過払い金を請求すると比較的お金を返してくれることもありますが、資金的に余裕がない会社はなかなかお金を返還してくれません。場合によっては訴訟しないとお金を返してくれないところもあり、そうなると返還までの期間は長くなります。こうしたことも心得ておいた方が良いでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について