債務整理 費用

債務整理にかかる費用

 

債務整理を弁護士に依頼するとどれくらい費用がかかるのでしょうか?ただでさえ借金の返済でお金に困っているので、費用が高すぎると払えるかどうか心配です…。


 

 

債務整理にかかる費用は法律事務所や依頼者の状況、債務整理の方針によっても異なります。

 

分割払いに対応している事務所も多いのでそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。


 

債務整理をする際、費用について気になっている人も多いのではないでしょうか?債務整理をするのにもお金がかかります。では、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

相談は無料!

債務整理を行う際、はじめの相談は無料で行っている所が多いです。「弁護士事務所は敷居が高い」と思う人も多いかもしれませんが、相談だけなら無料なので一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

なお、弁護士に正式に依頼してからは費用がかかります。弁護士に支払う費用には着手金報酬金というものがあります。その他に自己破産・個人再生の場合は裁判所に納める予納金というものがあります。その他にも切手や印紙代、通信費などの実費がかかります。

 

着手金とは、弁護士に依頼した際にはじめに支払う費用のことです。報酬金とは、依頼内容が実現した場合に支払う費用のことです。これらの費用には基準はなく、法律事務所によって異なります。また債務整理の方針によっても費用は大きく変わります。

 

債務整理などの法的事件解決では弁護士費用が高額になることもあります。だからといって弁護士報酬の安さで選べばお得に債務整理ができる、というものでもありません。なぜなら比較的弁護士報酬の安い経験の浅い弁護士や司法書士では、強硬な債権者から有利な条件を引き出すことができないのです。

 

逆に有利な条件を引き出すことのできる弁護士や司法書士は人気があるため、報酬が高めに設定されていることが多いです。報酬が高いか安いかということばかりにとらわれず、債務整理の実績があるかどうかなどで弁護士を選んだ方が、結果的に「債務整理を依頼してよかった」と思えるでしょう。

 

では、次に各方針ごとにかかる費用の目安を見ていきましょう。

 

任意整理にかかる費用

任意整理の手続きを弁護士に依頼する場合は報酬を支払う必要があります。費用の内訳は着手金として10万円前後〜30万円前後、報酬金としては0〜20万円というところが多く、総額で10〜50万円前後が費用の目安となります。

 

個人再生にかかる費用

個人再生にかかる費用は申立手数料として収入印紙が1万円、予納金が1万2000円程度、さらに裁判所によっては個人再生委員を選任する必要があり、その報酬が20〜25万円ほどかかるとされています。

 

個人再生の手続きは債務整理の中でも最も難しい手続きと言われているため、通常は弁護士に依頼することになります。その場合は弁護士への報酬がかかります。報酬は事務所によって異なりますが、30〜60万円が目安と言われています。

 

自己破産にかかる費用

自己破産にかかる費用は印紙収入台に1500円、予納郵便代に3000〜1万5000円、予納金がかかります。予納金は同時廃止事件になるか、管財事件になるかで異なります。同時廃止事件の場合は1〜3万円、管財事件の場合は最低50万円となります。また少額管財事件の場合は最低20万円となります。

 

自己破産は法手続きを勉強して自分で裁判所に申立することも可能ですが、債権者からの督促は止まりません。督促に対応しながら手続きを進めることはとても大変なので、弁護士に依頼することおすすめします。

 

弁護士に依頼した場合は一般的に30〜50万円かかると言われています。ですが自己破産をする人は弁護士費用を支払うお金もないということも多いので、多くの場合は親族などに援助してもらって手続きを行います。

 

また、一定の基準を満たせば民事法律扶助を利用して弁護士費用を一時的に立て替えてもらうことも可能です。

 

過払い金返還請求にかかる費用

過払い金返還請求は自分で行うことも可能ですが、時間や手間もかかりますし、貸金業者は一般の人相手には強気の交渉をしてくる場合があるため不当に低額な和解金を提示される可能性もあります。また貸金業者とのやり取りの書面が家に届くので家族にバレてしまう可能性もあります。

 

こうしたデメリットを考えると弁護士に依頼した方が良いでしょう。依頼する場合は当然費用がかかります。多くの法律事務所では着手金・成功報酬・過払い報酬の3つで支払うことが多いです。着手金・成功報酬は固定費用で、過払い金報酬は実際に取り戻せたお金の20%が相場となっています。

 

支払えるか心配…

借金の返済に困っていてお金がないのに、さらに費用がかかるなんてどうやって支払えばいいんだろう…と不安に思っている人もいるかもしれませんが、債務整理を弁護士に依頼すると督促が一旦ストップするので毎月の返済負担はなくなります。

 

貸金業者に返済をしなくてもよくなるので、月々の収入などから弁護士費用を工面することが可能になります。また弁護士費用は基本的に分割払いに対応してくれています。依頼者の事情を十分考慮して無理なく支払えるよう調整してくれるので、相談してみるといいでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について