債務整理 注意点

債務整理を行う時の注意点

 

債務整理を行う際の注意点について解説していきます。


 

債務整理をする際には、いくつか注意しなければならない点があります。

 

保証人が付いているかどうか確認する

保証人を立てて借りた借金が返済できなくなってしまった場合、その後の返済は保証人の責任になります。そのため債務者本人が債務整理を行うと、保証人に返済義務が生じます。この際、保証人は一括で残額を返済しなければなりません。

 

任意整理の場合は保証人付きの債務を対象から外して整理すれば保証人に迷惑をかけることはありませんが、個人再生や自己破産の場合は保証人に多大な迷惑をかけることになります。支払い不能になってしまった場合は自己破産もやむを得ないとは思いますが、保証人に黙って自己破産してしまうと人間関係のトラブルに発展する可能性もあります。

 

保証人付きの借金を債務整理するときは、トラブルを避けるためにも事前に保証人に相談するようにしましょう。

 

口座振替にしていないか確認する

債務整理を行う際、債権者への返済を口座振替にしている場合はすぐに解除する必要があります。口座振替を解除しないと、債務整理手続きを開始したのにお金が引き落とされるという問題が発生する場合があるのです。

 

債務整理を弁護士に依頼して行うと、弁護士から債券者に受任通知が送付されるため返済が一旦ストップします。ところが、返済を口座振替にしている場合は手続き上、受任通知を受け取ってからもしばらくの間は振替が停止にならない可能性があるのです。

 

任意整理の場合は債権者を選んで整理できるので、A社は返済を続けてB社は任意整理するといったことが出来ますが、個人再生や自己破産の場合は債権者はすべて平等に扱わなければならないので、1社だけ返済を続けるといったことが出来ません。

 

もし口座振替を解除せずに引き落としがされてしまうと、本人の意志に反して返済を続けているということになります。こうした場合でも「一部の債権者だけに優先的に返済を行った」とみなされ、免責不許可事由に該当し、免責が認められない場合があるのです。

 

このようなことを防ぐために、口座振替を解除するか、もしくは銀行口座を解約する、残高をゼロにするといった準備が必要です。

 

口座凍結に注意する

銀行や銀行系列のカードローン会社から借りている借金を債務整理した場合、債務整理開始に伴い銀行側が預金口座を凍結し、預金と銀行への債務を相殺することがあります。口座が凍結されるとその口座から現金を引き出すことはできなくなります。

 

弁護士からもアドバイスがあると思いますが、預金が引き出せないと当面の生活費にも困ってしまうので、あらかじめ預金をすべて引き出して口座の残高をゼロにしておくようにしましょう。

 

また、もし凍結されている口座を給与の振込先や年金など受取口座にしていた場合、給与や年金が振り込まれてもその口座から現金を引き出すことができなくなる可能性があります。そのため、事前に給与の振込先や年金の受取口座などは変更しておくといいでしょう。

 

なお、債務整理中に他の銀行口座を開設することは問題ありません。他に口座を持っていない場合は新しく別の銀行で口座を開設し、給与の振込先などに指定するといいでしょう。

 

口座振替やクレジット決済は利用できなくなる

電気やガス、水道などの公共料金を借入のある銀行の銀行口座から引き落としにしている場合は、口座が凍結されると支払ができなくなってしまいます。その際は口座残高をゼロにして一旦すべての支払が出来なようにした上で、個別に支払方法の変更手続きを行いましょう。

 

また、公共料金をクレジット決済にしている場合もクレジットカードが使えなくなるため支払いができなくなります。この場合も事前に支払い方法をクレジット決済から他の支払い方法に変更しておく必要があります。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について