債務整理 信用情報機関

信用情報機関とは

 

債務整理をすると「信用情報機関」と言うところに事故情報が登録されると聞いたんですが、どうしたら事故情報が消えますか?

 

そもそも信用情報機関とは一体どんなところなんでしょうか?


 

 

信用情報機関とは個人の信用情報の収集及び提供を行っている機関のことです。

 

また信用情報機関にはいくつか種類があり、機関によって事故情報の登録期間が異なります。


 

債務整理を行うと、信用情報機関と言うところに事故情報が登録されます。この状態を「ブラックリストに載る」と言います。

 

信用情報機関とは、個人信用情報の収集及び加盟団体への提供を行う機関のことです。個人信用情報には氏名・生年月日・住所など本人を識別する情報や、契約年月日・利用金額など契約内容に関する情報、延滞など返済・支払い状況に関する情報、自己破産など債務整理を行った情報などが含まれています。

 

銀行やクレジットカード、消費者金融などでは新規利用の申込があると信用情報機関の登録情報を確認します。その際事故情報があった場合は、通常は貸し付けを行いません。事故情報が載っている間はカードローンの審査に通らなかったり、新しくクレジットカードを作ることができません。

 

事故情報は一定期間を過ぎると登録が抹消されることになっており、その登録期間は事故情報の内容や信用情報機関によって異なります。日本における個人に関する信用情報機関はには、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)があります。

 

信用情報機関の種類

金融機関は主に「銀行」「信販会社」「消費者金融」という3つの業態に分類されます。この業態によって加盟する機関が異なります。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センター(略称:KSC)は、銀行、信用金庫、信用組合、農協系の信用情報機関です。

 

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

株式会社シー・アイ・シー(略称:CIC)は、信販会社の信用情報機関です。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社日本信用情報機構(略称:JICC)は、消費者金融系の信用情報機関です。

 

事故情報の登録期間

信用情報機関に登録される事故情報の内容や登録期間は、各信用情報機関によって異なります。

 

信用情報機関 KSC CIC JICC
自己破産 10年 5年 5年
個人再生 10年 - 5年
任意整理 - - 5年
代位弁済 5年 - -

 

 

JICCでは任意整理の情報は受任通知から和解までの間に登録され、その後5年間登録が残ります。5年を超える期間で分割返済している場合にも登録期間は変わらないので、まだ返済が続いていても登録が消えているということもあり得ます。

 

また、KSCでは任意整理について登録する区分がありません。ですが、銀行は任意整理の通知を受けると保証会社から代位弁済を受け取ることがあります。代位弁済は事故情報として登録され、期間は5年となっています。

 

なお、多くの金融業者では複数の信用情報機関に加盟しているので、情報は業態に関係なく共有されています。なので、債務整理後に新たに借り入れをしたい場合は、すべての信用情報機関の事故情報が消えてから申し込んだ方が良いでしょう。

 

個人信用情報は本人も確認できるので、気になる場合は各信用情報機関に問い合わせてみてください。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について