債務整理 代位弁済

代位弁済とは

 

債権者が債務者から一定期間返済をしてもらえなかった場合、保証会社に対して借金の残金すべてを一括で請求し、保証会社が債務者の代理として返済を行うことを「代位弁済」と言います。


 

銀行カードローンや住宅ローンを契約する時は、多くの場合保証会社を付けて契約をしています。保証会社は銀行の子会社であることが多いのですが、この保証会社が債務者の”保証人”になってくれているのです。

 

銀行のカードローンや住宅ローンの返済ができずに一定期間滞納していると、その借金を保証会社が代わりに借入先である銀行に弁済をすることを「代位弁済」と言います。

 

代位弁済をした保証会社はその弁済分の借金を債務者に請求してきます。その場合は代位弁済分すべての金額が一括で請求されることになります。また、代位弁済がされるということは借金を滞納しているということなので、滞納期間の経過により遅延損害金が加算され、請求額が高額になっている場合があります。

 

代位弁済になってしまったらまずは状況を把握し、今後どのような対策を取っていくのかきちんと決めていくことが重要です。

 

代位弁済は債務整理できる?

代位弁済が起こって一括返済が求められても、請求額が高額な場合は一括で返済することは難しい場合がほとんどでしょう。そうした場合、代位弁済の一括請求を債務整理することができます。

 

代位弁済が起こって一括請求が来ても、借入先の銀行との話し合いによって任意整理をすることも可能です。また、自己破産などその他の方法を取ることもできます。ただし、銀行からの借金であるカードローンなどを債務整理する場合は、借金の引き落とし先の口座が凍結されてしまいます。

 

銀行口座が凍結されてしまうと給与が支払われなかったり、生活費を下せなかったりととても不便で困ってしまいます。そのため、債務整理をする前に銀行口座の預金を下ろして0にしておく必要があります。

 

保証会社からの代位弁済を債務整理する場合はこのような注意点や、手続きの複雑さが伴うので、まずは弁護士に相談してみるといいでしょう。

 

また代位弁済は事故情報として信用情報機関に5年間登録されることになります。

 

保証人がいる場合

ローンを組んだ時に家族や知人などに保証人になってもらった場合、もしそのローンの返済ができなくなると保証人に請求がいくことになります。保証人が債務者の代わりに借金を返済した場合も「代位弁済」になります。

 

代位弁済をした場合、保証人には肩代わりしたお金を主債務者に請求することが出来る「求償権」というものがあります。ただし、この求償権は主債務者が個人再生や自己破産をした場合は行使出来なくなってしまいます。

 

保証人付きの借金がある場合は、債務整理をすると保証人に迷惑がかかってしまうのでくれぐれも注意が必要です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について