債務整理 ブラックリスト

ブラックリストとは

 

債務整理をするとブラックリストに載っちゃうんですか!?


 

 

はい。完済している借金の過払い金の請求以外、債務整理を行うとその事実が信用情報機関に「事故情報」として登録されます。これがいわゆるブラックリストに載るという状態です。


 

債務整理を行うとブラックリストに載ることになります。「ブラックリスト」と聞くと、そういうリストがあるように思うかもしれませんが、実は「ブラックリスト」というリストは存在しません。

 

ブラックリストと言うのは一般消費者が名付けた俗称で、金融機関ではブラックリストのことを一般的に「事故情報」と呼んでいます。事故情報とはクレジットカードの支払いやカードローンの返済が一定期間滞ってしまったり、支払いが困難になって債務整理の手続きを行ったという金融事故の情報のことです。

 

事故情報は信用情報機関と言うところに登録されます。

 

ブラックリストに載るとどうなる?

では、ブラックリストに載る、つまり信用情報機関に事故情報が登録されるとどうなるのでしょうか?

 

例えばクレジットカードの申し込みをした時、審査に通らずカードが作れなかったり、ローンを組む時に審査が通らずローンを組めなかった、という経験がある人は、もしかしたら信用情報機関に事故情報が登録されているかもしれません。

 

クレジットカード会社や金融機関では、審査の際に信用情報機関に申込者の個人信用情報を確認します。その時に事故情報が登録されていると、返済能力が低いと判断され、審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

 

ブラックリストに載るとカードが作れなかったりお金が借りられないのはこのためです。しかしそれ以外には特に生活に影響することはありません。「お金が借りられなくなってどうしよう」と考えるのではなく、借金の返済に困って債務整理をしたのですから、「当分の間借金を作る心配がなくなった」とポジティブに捉えるといいでしょう。

 

ブラックリストに載る期間

一度ブラックリストに載ってしまうとその情報は永久に消えないのかと言うと、そんなことはありません。事故情報は登録期間がその種類によって決まっており、一定期間が過ぎれば情報は抹消されます。

 

事故情報の登録期間

延滞 1〜5年
任意整理 5年
個人再生 5〜10年
自己破産 5〜10年

 

なお、事故情報の登録期間は個人信用情報によっても異なります。ただし、多くの金融機関は複数の信用情報機関に加盟しているため、情報は共有されています。そのためすべての信用情報機関で事故情報が消えるまでは新たな借り入れはできないと思っておいた方が良いでしょう。

 

社内ブラックに載っている場合は二度と借りられない?

事故情報の登録期間が過ぎているのにお金が借りられなかったり、クレジットカードが作れない場合もあります。それは、債務整理の対象となった金融機関やクレジットカード会社の社内情報に事故情報が残っているためです。

 

「事故情報が消えればまた自由にお金が借りられる」と思われがちですが、債務整理の対象となった金融機関では、顧客情報として事故情報が半永久的に残ります。これを「社内ブラック」と言います。

 

社内ブラックに登録されてしまうと、二度とその金融機関からはお金を借りることができません。また、クレジットカードのキャッシング枠を債務整理した場合にも、そのクレジットカード会社のショッピング枠も使えなくなります。

 

そのため、債務整理後に借り入れをしたりクレジットカードを作る場合は、債務整理を行った金融機関以外を利用するようにしましょう。また債務整理を行うとクレジットカードは解約扱いになるので、公共料金の支払いをクレジットカードで行っている場合は注意が必要です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について