債務整理 利息制限法 出資法

利息制限法と出資法

 

過払い金は「本来払わなくてもいい金利」ってことは、貸金業者は利用者からだまし取ってたってことですか?これって法律違反じゃないんですか?


 

 

過払い金は「グレーゾーン金利」という法的に”グレーな”問題から生じたものなので、法改正前は責任を問われませんでした。グレーゾーン金利には「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が関係しています。


 

過払い金が発生する仕組みには、「利息制限法」という法律と「出資法」という法律が大きく関わっています。

 

利息制限法とは?

利息制限法とは借金の利息などの利率を制限するための法律です。この法律は借金をした人全員に適用されるもので、個人・法人は関係ありません。利息制限法では上限金利を以下のように定めています。

元本が10万円未満の場合 年20%
元本が10〜100万円未満の場合 年18%
元本が100万円以上の場合 年15%

 

利息制限法によって利息は上限を設けられていましたが、罰則規定がなかったため守られることはありませんでした。

 

本来、お金の貸し借りは金利を両者間の話し合いで決めることが出来るのですが、貸す側が一方的に金利を決めると異様に高い金利になってしまうことがあります。そのため、出資法という法律を定めて金利の上限を定めていました。

 

出資法とは?

出資法とは、正式名称を「出資の受入れ、預り金及び金利等の取り締まりに関する法律」と言います。1954年に制定され、当時のサラ金をはじめとする貸金業者の高金利に法的な歯止めをかけ、消費者の利益を保護することを趣旨としています。

 

具体的には「○○円貸し付けた場合の金利は○○円までにしなさい」と一定の上限を設けて、出資法の上限利率を超える貸付を行った違法業者には刑事罰を与えるというものです。この法律によって事実上貸金業者は法外な高金利貸付ができなくなりました。

 

出資法の上限金利は、現在は改正されたため借入金額に関わらず年20%となっていますが、かつてはかなり高額な金利が設定されていました。ところが過酷な取り立て行為が浮き彫りになり、大きな社会問題になるたびに改正が行われ、徐々に引き下げられてきました。

期間 上限金利
改正前 109.5%
1983年11月〜 73%
1986年11月〜 54.75%
1991年11月〜 40.004%
2000年6月〜 29.2%
2010年6月〜 20%

 

2010年の法改正までの10年間、比較的最近まで上限金利は29.2%となっていたのです。借金の金利の上限を定めるもう一つの法律「利息制限法」では上限金利を20%に定めているので、この2つの法律の差が生じることになります。

 

利息制限法は違反していますが出資法は守っています。出資法は違反すると罰則を受けますが、利息制限法は違反しても罰則がないため、これまでずっと法的にグレーとされてきました。これが「グレーゾーン金利」です。

 

今では法律が改正され、過去に支払った金利についてもさかのぼって返還請求をできるようになりました。これが「過払い金返還請求」です。ただし、過払い金には時効があり、完済から10年経過すると消滅してしまいます。

 

時効を迎えてしまうと過払い金が発生していたとしても返還請求ができません。もし過払い金がある可能性がある人は、早めに弁護士に依頼して調べてもらうといいでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について