債務整理 グレーゾーン金利 みなし弁済

グレーゾーン金利とみなし弁済

 

過払い金は発生するのは「グレーゾーン金利」が関係していると聞いたんですが、グレーゾーン金利というのはどんなものなんですか?


 

 

グレーゾーン金利は利息制限法と出資法の上限金利の差から生じた問題です。出資法の上限金利の正当性を主張するのにかかわってくるのが「みなし弁済」というものです。


 

グレーゾーン金利とは、2010年に出資法が改正される前に起こっていた消費者金融などの貸金業者における社会問題のことです。

 

グレーゾーン金利問題とは、利息制限法という法律が上限金利を年利15〜20%までと定めているのに対し、出資法という法律が上限金利を29.2%と定めており、上限金利に関する法律が2つあったこと、また出資法には罰則規定がなく「みなし弁済」という概念があったため大半の貸金業者が利息制限法に違反する年利29.2%で貸し付けを行っていたという問題のことです。

 

この利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の差を一般的に「グレーゾーン金利」と言います。グレーゾーン金利とは、違反しても罰則規定がない、”法律的にグレーな”金利と言う意味です。

 

現在はこのグレーゾーン金利は解消されています。2010年に出資法が改正され、上限金利が利息法と同じ20%に変更されたためです。

 

みなし弁済とは?

みなし弁済とは、本来認められるべきでない利息制限法を超過した利息であっても、一定の条件のもとで超過利息を取ることを認める、という法律です。みなし弁済の適用条件は以下の通りです。

 

  • 貸金業者としての登録を受けている
  • 貸付金利の利率、返済期間と回数、返済方式、貸付金額、契約年月日、貸金業者の商号、を1枚に記載した契約書を交わしていること
  • 貸金業者が返済金を受け取った際すぐに受領証書を交付していること
  • 債務者が約定金利の利息を「利息として認識しながら」支払っていること
  • 債務者が約定金利の利息を「任意で」支払っていること

 

なお、このみなし弁済は2010年の貸金業法改正に伴い撤廃されているので、現在はみなし弁済によるグレーゾーン問題は解消されています。

 

貸金業法改正以前は、利息制限法違反での過払い利息返還請求で訴訟を起こしても、貸金業者側はこのみなし弁済を抗弁に争ってくることが多かったそうです。この問題の争点は、債務者が「利息制限法を超える利息は無効だ、と言うことを認識したうえで任意で支払っていたかどうか」などによりますが、平成18年1月13日に最高裁判所第二小法廷で「みなし弁済を抗弁とした利息制限法を超過する約定利息の支払い請求訴訟」を棄却したため、現在では却下されるのが普通です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について