自己破産 海外旅行

自己破産をすると海外旅行に行けなくなる?

 

自己破産をすると海外旅行に行けなくなるって聞いたことがあるんですが、本当ですか?


 

 

いいえ、自己破産をしたからといって海外旅行に行けなくなるということはありません。ただし、破産手続き中は一時的に制限されます。


 

「自己破産をすると海外旅行に行けなくなる」という噂を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、実際のところ海外旅行に行けなくなるといったことはありません。ではなぜそのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

まず、自己破産には同時廃止と破産管財がありますが、自己破産の案件のほとんどは同時廃止です。自己破産で海外旅行についての制限がかかるのは、破産管財のケースだけです。つまり自己破産をするほとんどの人には関係のない話なのです。

 

また、たとえ破産管財事件だとしても制限がかかるのは手続き期間中の約半年間だけです。

 

自己破産をして海外旅行に行くことを制限されるケース

自己破産をしたからといって海外旅行にいけなくなるということはありませんが、海外旅行が一時的に制限されてしまうケースがあるというのは本当です。海外旅行が一時的に制限制限されるケースとは、処分する財産がある場合の管財事件に限られます。

 

少額管財手続きの場合は手続き期間中は長期間居住地を離れることが制限されます。そのため、長期に及ぶ海外旅行については制限される場合があります。ただし、手続き中でも裁判所の許可をもらうことで海外旅行に行くことは可能です。また自己破産の手続きがすべて終了した時点で旅行の制限などを受けることは一切なくなります。

 

海外旅行が制限されると言っても、パスポートが取得できないというわけではありません。

 

また、制限されるのは海外旅行だけではありません。管財事件となっている場合は、国内であっても長期に及ぶ旅行は海外旅行と同様に制限を受けることになりますので、旅行に行く際には必ず裁判所に許可をもらわなければなりません。引っ越しをする場合も裁判所の許可が必要です。

 

もし裁判所の許可なく長期の旅行や海外旅行に出かけてしまうと、1年以下の懲役または5万円以下の罰金を課せられるので注意しましょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について