任意整理 生活保護

生活保護を受けていても任意整理はできる?

 

生活が苦しくて生活保護を受けている場合でも任意整理はできますか?


 

 

法律上は、生活保護を受けていても任意整理をすることは可能です。しかし、実際には任意整理ではなく自己破産をする人がほとんどです。


 

生活が苦しくて生活保護の給付を受けている場合でも、借金がある場合は何らかの債務整理をする必要があるかもしれません。中には、生活保護の給付金を返済に充てれば任意整理ができるのでは?と思い任意整理を検討する人も少なからずいるでしょう。

 

法律上は生活保護の給付金の用途に制限はないので、任意整理をして借金の返済をしても問題はありません。つまり、生活保護を受けていても法律上は任意整理は可能、ということになります。

 

ただし役所によっては、生活保護の給付金を借金の返済に充てていることがバレると受給を停止される恐れがあります。

 

生活保護の不正受給や、給付金を使ってパチンコに行くなど生活保護の用途の問題がたびたびメディアで取り上げられるようになり、生活保護受給者への目は以前よりも厳しくなってきています。

 

生活保護は税金を使って支給されています。国民の多くは、自分たちが納めた税金から出るお金を受け取って、働かずに暮らそうとする人たちに否定的です。ましてや自分の個人的な借金を返済するために使うという行為は、たとえ法律上問題が無くても許せないという感情を直感的に抱く人が少なくないのです。

 

このような民意を反映してか、借金があることが分かったり借金の返済に充てていることが分かった場合は、生活保護の受給を停止したり、申請を却下するケースが多くなっているのです。そのため、生活保護を受給している場合は任意整理ではなく自己破産を選択することをおすすめします。

 


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について