借金 時効

借金には時効がある?

 

借金には時効があるって聞いたことがあるんですが、時効になるまで放っておけば借金を払わなくてもよくなるんじゃないですか?


 

 

確かに借金には時効があります。ですが、時効になって借金が消滅するにはいくつか条件を満たしていないといけないので、時効になるのを待って借金を踏み倒すのは現実的ではありません。


 

実は借金にも時効があります。時効が成立すれば借金の返済義務が消滅するので、借金を返す必要がなくなります。

 

時効と聞くと「罪から逃れる」というイメージが強いかもしれませんが、時効にもいろいろあり、私・公法上だと取得時効や消滅時効、刑事上だと刑の時効や公訴の時効などがあります。借金の場合は消滅時効になります。債権者が一定の期間、債権を行使せずに放っておいた場合、その債権を消滅させてしまうことです。

 

つまり時効が成立した後に債権者が返済を請求してきても、法律上は借金を返済する義務はなくなるのです。

 

借金が時効になるのはいつ?

借金の時効期間は貸主によって異なります。

 

  • 銀行などの金融機関、信販・消費者金融などから借りた場合:5年(商事消滅時効)
  • 友人や知人、親などの個人から借りた場合:10年(民事消滅時効)

 

しかし、この期間が過ぎただけでは時効は成立しません。時効を成立させるには、時効の「主張」をしなければならないのです。

 

時効の援用とは?

時効を主張する行為を「時効の援用」と言います。具体的には内容証明郵便で援用通知を相手方に送るなどの方法があります。時効は援用することで初めて成り立ちます。時効の援用がなされないと時効は完全には成り立たないので注意しましょう。

 

時効の援用をするための条件

時効の援用をするにはただ期間が過ぎればいいのではなく、いくつか条件があります。

 

  • 借金を返済していない状態を継続している
  • 借金があることを認めていない

 

借金があることを認めたり、一部でも返済した場合は消滅時効が中断します。例えば業者が「全額とは言わないので、1000円だけでも払ってもらえませんか?」と言ってきて、それに応じて支払をすると借金を認めたことになり、消滅時効の援用をすることができなくなります。

 

また業者から内容証明郵便で借金の返済の勧告をされると、消滅時効の完成は6か月間延長されます。この6か月間の間に訴訟されると、消滅時効が中断します。また給料などを差し押さえられた場合も時効は中断されます。

 

 

時効を成立させることはそう簡単なことではありません。個人間ならまだしも、貸金業者などが相手の場合であれば、5年間も債権を放置しておくなんてことはまずあり得ないでしょう。

 

安易に踏み倒そうとしてもデメリットが大きいので、支払いが困難なら債務整理を行った方が賢明です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について