債務整理 自分でできる?

債務整理は自分でできる?

 

債務整理を弁護士に依頼すると費用がかかったり何かと面倒…何とか自分でできないですか?


 

 

結論から言うと、債務整理は自分で行うことも可能です。ただしデメリットが多いので、よほど法律に詳しくなければおすすめはしません。


 

債務整理は弁護士や司法書士などに依頼せずに、自分で行うことも可能です。自分で債務整理を行う最大のメリットは、費用が安く抑えられるということです。むしろ、メリットはこれ以外にはないと言っていいでしょう。

 

一方で、デメリットはたくさんあります。法律的には自分でも債務整理をできることになっていますが、法律の知識も必要ですし、手間も時間もかかるため現実的には難しいです。特に任意整理を自分で行うのはかなり難しいでしょう。

 

任意整理の場合、債権者である貸金業者との交渉を自分で行うことになります。しかし、相手が個人の場合は業者はまず交渉に応じてくれません。また債権者と交渉をするときはある程度の知識がないと、不利な契約を突き付けられたまま和解契約をすることになってしまいます。

 

一方、第三者である弁護士はどういう交渉をすれば貸金業者が任整理に応じてくれるのかというノウハウを持っているので、第三者としてスムーズに交渉を進めることができます。

 

また、弁護士に依頼した場合はすぐに受任通知が債権者に送られるので一時的に取り立てがストップしますが、自分で債務整理を行う場合は取り立てが止まるわけではないので返済しながら債務整理手続きを進めなければなりません。

 

自己破産や個人再生を行う場合も、申立を行うまでは取り立ては止まりません。返済を続けながら時間や手間のかかる手続きをするのはとても大変なことです。法律の知識がなければ勉強もしなければならないので、さらに負担が大きくなります。

 

また自己破産や個人再生の場合は裁判所に多くの書類を提出する必要があります。弁護士などの専門家は書類作成のノウハウを持っていますが、個人では分からないことが多いのでかなり困難でしょう。万が一書類の不備があればそれが原因で免責が下りないこともあり得るので、無理せず専門家に依頼することをおすすめします。

 

自分で債務整理を行えば費用は抑えられますが、時間や手間、返済に追われながら手続きをしなければならないという精神的な負担が大きいため現実的ではありません。労力やリスクを考えると、費用がかかっても弁護士に依頼した方がいいでしょう。

 

弁護士費用については分割払いに対応している法律事務所も多いので、あまり心配せずにまずは相談してみましょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について