債務整理 いくらから

債務整理はいくらの借金からできる?

 

債務整理はいくらの借金からできますか?またいくらまで可能ですか?


 

 

債務整理を行う目安は金額ではありません。収入に対して支払いが追いつかない、支払いが厳しいという状況であれば債務整理は可能です。


 

債務整理を検討している人の中には「金額が少ないとできないのかな?」「借金が多すぎると債務整理できないんじゃ…」と思っている人もいるかもしれません。ですが、債務整理には「借金額がいくら以上でないと行えない」と言うような決まりはありません。また金額が大きい場合でも問題ありません。

 

ただし、個人再生の場合は減額の仕方に決まりがあるので注意が必要です。

 

任意整理の場合は?

任意整理の手続きでは、将来の利息や遅延した場合に発生する遅延損害金がカットできます。それらをカットした残額を3〜5年で分割払いで支払っていくことができれば、借金の額に関係なく任意整理をすることは可能です。つまり任意整理にはいくらからできる、いくらまでならできるといった制限はありません。

 

ですが、現状のまま返済が可能であれば任意整理をする必要はありません。任意整理を弁護士に依頼して行うと弁護士費用がかかります。また、任意整理を行ったことでブラックリストに載る任意整理の対象となった債権者からは今後二度と融資を受けられないなどのデメリットがありますので、任意整理をすべきかそうでないかをじっくり考えてから依頼した方が良いでしょう。

 

個人再生の場合は?

個人再生の手続きを進めるには一定以上の条件が必要です。

 

個人再生は最低の弁済額が100万円と定められているため、借金が100万円以下の場合は手続きが行えません。また、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円を超える場合も個人再生はできません。

 

また、個人再生の場合も減額した債務を原則3年(最長5年)で返済しなければならないので、返済が難しい場合は個人再生手続きを行うことはできません。

 

自己破産の場合は?

自己破産を行う場合金額による制限はありませんが、借金がそれほど多くなく1〜2年で返済が可能な額だったり、返済資源となる資産がある場合は自己破産が認められない場合があります。

 

また、自己破産手続きをしても免責が下りなければ借金は帳消しになりません。借金がなくならなければ自己破産手続きをする意味がないので、免責不許可事由に該当していないかなど確認してから手続きを行いましょう。

 

なお、自己破産を行った際に、住宅や車など20万円以上の価値のある資産を所有している場合は処分しなければならなくなります。それらの資産を処分しても返済できない借金は免除となります。ただし自己破産にかかる費用は支払わなければならないので注意が必要です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について