債務整理 ギャンブル

ギャンブルで作った借金でも債務整理はできる?

 

ギャンブルや浪費が原因で作ってしまった借金でも債務整理できますか?


 

 

自己破産の場合、ギャンブルや浪費が原因だと免責が下りない可能性がありますが、他の債務整理方法なら借金の理由を問われることはありません。


 

借金をする理由はさまざまですが、中にはギャンブルや浪費が原因で多額の借金を作ってしまった人もいるでしょう。ギャンブルや浪費が原因だと「自業自得だから債務整理はできない」と思う人も多いかもしれませんが、方法によっては債務整理をすることが可能です。

 

自己破産ではギャンブルによる借金はなくならない?

自己破産の場合、ギャンブルや浪費によってできた借金があると、借金の返済が免除されないことがあります。

 

自己破産は借金をゼロにする方法ですが、自己破産手続きを行っても免責の認可が下りなければ借金はなくなりません。自己破産をすれば免責の許可が必ずしも下りるわけではなく、免責不許可事由に該当している場合は原則として免責許可を得ることができません。

 

その免責不許可事由の1つとして、「ギャンブルや投機行為などの賭博や、風俗・キャバクラなどの遊興費による借金」というものがあります。しかし、自己破産は裁量免責と言って裁判官の裁量による免責決定があるので、必ずしもギャンブルが原因だと免責が下りないとは言い切れません。

 

借金の理由がギャンブルだったとしても、そこに至るまでの経緯は人それぞれです。これが裁判官が自己破産の免責を判断するうえで重要なポイントです。裁判官の裁量というのは非常に曖昧なものなので、最初から自己破産はできないと決めつけずにまずは一度経験豊富な弁護士に相談してみるといいでしょう。

 

他の債務整理方法なら借金の理由は問われない

借金の理由を問われるのは自己破産の場合のみです。そのため、任意整理や個人再生など他の債務整理であればギャンブルが原因の借金でも債務整理することができます。

 

任意整理の場合

任意整理の場合は、不許可事由というものはないのでギャンブルで作った借金であっても問題なく手続きを行うことができます。もちろん任意での交渉なので、相手方の債権者が同意することが前提です。

 

任意整理はそもそも、消費者金融やカード会社などと弁護士が直接取引して借金の減額や利息のカットを交渉する方法です。法律や裁判所が介在しないため、特に借金を作った理由を問題視されることはありません。

 

消費者金融側も借金を作った理由にはあまり関心はなく、重要なのは「いくら返済できるのか」「いつまでに返済できるのか」ということです。そのため借金の理由が何であれ、任意整理を行うことは可能です。

 

ただし、任意整理で和解が成立した場合はその後の返済期間中に一度でも返済が送れると、業者から残債を一括で返済するように求められたり、裁判を起こされる場合があります。これは期限の利益が喪失するためです。

 

こうした事態を防ぐためにも、無理のない返済計画を立て、くれぐれも返済が滞らないように注意しましょう。

 

個人再生の場合

個人再生の場合も、借金の理由は問われません。個人再生を行えば借金総額が5分の1まで減額させることができます。

 

ただし、減額した借金は原則3年間で返済する必要があります。そのため返済能力がないと個人再生手続きを選択することはできません。また、個人再生は住宅ローンを除く借金額が5000万円以下であることが条件となっています。借金総額が大きすぎる場合は個人再生手続きを行えないので、注意しましょう。

 

また、再生計画の認可決定後に返済が困難になった場合、その理由がギャンブルや浪費、自分都合で会社を辞めた場合は再生計画の変更を申し立てることができません。再生計画の認可決定が下りたら、やむを得ない状況に陥らない限りは期限までにきちんと返済できるよう頑張りましょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について