債務整理 弁護士 司法書士

弁護士と司法書士の違い

 

債務整理は弁護士と司法書士、どちらに依頼した方がいいのでしょうか?違いがよく分からないのですが…。


 

 

債務整理の依頼を弁護士にするのと司法書士にするのとでは費用に大きな違いがあります。

 

また、司法書士が代理人として交渉できるのは「簡易裁判所で扱われる案件のみ」という決まりがあるので、場合によっては司法書士に依頼できないことがあるのです。


 

債務整理は弁護士もしくは司法書士に依頼して手続きを進めることができますが、どちらに依頼した方がいいのでしょうか?

 

債務整理における弁護士と司法書士の違い

弁護士は債務整理の相談はもちろん、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。一方、司法書士は法律相談、交渉、訴訟は本来できませんでした。しかし2003年の法改正により、借金と過払い金を含めた債務額が140万円以下の場合に限り、認定司法書士であれば交渉や訴訟ができるようになったのです。

 

つまり司法書士は「140万円以下の借金についての交渉権・簡易裁判所の訴訟代理権」があるということです。これに対して弁護士は「全般的な代理権」があるということになります。

 

もう一つの大きな違いは費用の差です。一般的に弁護士は金額を大きな案件を扱うことができるため、費用も高めの設定になっています。そのため弁護士と比べると司法書士の方が費用が安めになっているのです。

 

債務整理の依頼をするならどちらがおすすめ?

ではどちらに依頼した方が良いのかというと、債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめです。司法書士に依頼すると費用を抑えられるというメリットはありますが、司法書士には制限があります。

 

もともと債務整理は弁護士の仕事でしたが、弁護士数と債務整理の案件が釣り合わなくなったため、弁護士を補完する形で司法書士法が改正され、140万円以下の民事訴訟の和解や交渉、訴訟代理権が認められるようになったのです。

 

司法書士は140万円以下であれば一審の担当はできますが、それよりも上級審になると弁護士に依頼することになってしまいます。また140万円を超えると司法書士では和解調書を作成できなくなるので、債務額が多い場合は司法書士を利用できないことがあります。

 

これに対して弁護士なら限度額に制限はありません。例えば「引き直し計算を実際にして正確な債務額を算出してみたら140万円を超えていた」というケースも珍しくありません。140万円を超えてしまうと司法書士は交渉権や訴訟代理権を失うため、途中で解任することになってしまいます。

 

また司法書士は地方裁判所の代理人になれない、自己破産や個人再生の申立代理人になれないといった制限もあります。引き直し計算をしてみたら多額の借金が残ってしまい、自己破産するしかないといったケースも多々あります。こうなると司法書士は自己破産の申立代理人になれないので、新たに弁護士を探さなければならなくなってしまいます。

 

時間も費用も余計にかかるかもしれないということをを考えると、結局のところ最初から弁護士に依頼した方が早く安く債務整理を行えるかもしれないのです。こうした理由から、債務整理は弁護士に依頼することをおすすめします。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について