借金 離婚

離婚をすると借金はどうなる?

 

妻に借金がバレてしまって離婚されそうなんですが…離婚すると借金はどうなりますか?


 

 

離婚する際必ず行わなければならないのが「財産分与」です。財産にはマイナスの財産=借金も含まれます。

 

ですが、借金には財産分与に含まれるものと含まれないものがあります。


 

配偶者の借金が原因で離婚をするというのはよく聞く話ですが、借金のある配偶者と離婚する時にはややこしい問題があります。

 

結婚生活を送る中で、夫婦で築いた財産は離婚するときに分割しなければなりません。離婚する時に分割する財産は共有財産という財産です。共有財産とは婚姻中に夫婦が一緒に築き上げた財産を指します。

 

例えば結婚して購入した家具なども共有財産に当てはまります。たとえ夫婦のどちらかの名義であっても、共同生活に必要なものであれば共有財産になります。車や住宅もこれに該当します。

 

また共有財産には預貯金や保険解約返戻金、退職金も当てはまります。借金も結婚してから作ったものであれば夫婦の共有財産になります。つまり、借金がある夫や妻と離婚する時は、借金を返済する義務も平等に追わなくてはならないのです。

 

しかし、結婚してから作った借金でも財産分与の対象にならないケースもあります。

 

財産分与の対象にならない借金

自分のためだけにした借金は、財産分与の対象になりません。生活費のために借りたお金や住宅ローンはもちろん夫婦の共有財産になりますが、ギャンブルや浪費のために借りたお金は対象外となります。

 

家庭を顧みずに趣味で散財して作った借金も、共有財産とは認められません。つまり、一方的に内緒で作った借金は財産分与する必要がないのです。

 

ただし、住宅ローンなどは2人で分けることになります。共有財産の分で債務が資産を超えてしまった場合は、2人で借金を返済していかなければなりません。どちらかの収入が低くて離婚後住宅ローンの支払いが難しい場合は、住宅を手放すことも考えなければいけません。

 

また、共有債務は相続財産のように放棄することはできません。借金返済が難しければ個人再生や自己破産も検討しなければいけないでしょう。相手に借金が発覚したら離婚したいという気持ちも分かりますが、共有財産や債務がある場合は少し考えた方が良いでしょう。

 

連帯保証人になっている場合

基本的に配偶者が一方的にで作った借金の返済義務は負う必要がありませんが、連帯保証人になってしまっている場合は例外です。離婚したからと言って、連帯保証人から外れるということはありません。

 

例えば夫が借金をし、妻が連帯保証人となっていたとします。そして借金を残したまま離婚し、その後元夫が何らかの理由で支払いが滞った場合は、元妻に返済義務が生じます。連帯保証人は問答無用で借金の返済を迫られてしまうので、一気に借金を抱えることになってしまいます。

 

どうしても連帯保証人から外れたい場合は、あらかじめ別の人に代わりに連帯保証人になってもらうか、借金を全額返済してもらうしかありません。

 

慰謝料はもらえる?

では、離婚の原因が借金だった場合は慰謝料はもらえるのでしょうか?

 

まず、慰謝料と言うのは身体的苦痛、精神的苦痛に対して請求をするものなので、例えばDVを受けたとか、浮気をされた時などは請求することができます。しかし、借金となるとその借金の理由にもよるので、一概に請求できるとは言えません。

 

仮に慰謝料が請求できたとしても、実際に支払えるかどうかは、借金を抱えている人はそもそも慰謝料を払えるほどのお金が無い可能性もあるので難しいというケースも少なくありません。

 

自己破産を理由に離婚することはできる?

そもそも、借金を抱えて自己破産することになったとして、それを理由に離婚することは可能なのでしょうか?

 

借金トラブルで離婚する夫婦は多いですが、法律上の観点で言うと、自己破産という事実だけで一方的に離婚することはできません。もちろん夫婦双方の合意があれば協議離婚にあたるので離婚は可能です。しかし、夫が反対しているのに妻が一方的に離婚をすることはできないのです。

 

そもそも自己破産をしても配偶者も自己破産しなければならないということは基本的にはありません。ただし配偶者が保証人になっている場合は保証人が借金返済の義務を負うことになります。

 

また、住宅や車を破産者名義で所有している場合は処分しなければならなくなりますが、夫が自己破産したからと言って妻の財産まで差し押さえられたり、妻の信用情報にまで傷がつくということはありません。

 

とは言っても住宅や車がなくなるというのは生活に多大な影響を及ぼします。共有名義の財産があったり、債務者の名義で住宅を所有している場合は配偶者の理解を得た上で手続きを進めましょう。

 

借金を抱えた状態での離婚はとても複雑な問題が絡んできます。故人で判断すると後悔することになるかもしれませんので、法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について