債務整理後 ローン

債務整理後にローンを組むことはできる?

 

過去に債務整理をしたことがあってもローンを組むことはできるのでしょうか?


 

 

事故情報が登録されている間はローンを組むことはできませんが、登録が抹消されてからであればローンを組むことができます。


 

債務整理をした後でも、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどを組むことが必要になってくる場合もあると思います。では、過去に債務整理したことがある人でもローンを組むことはできるのでしょうか?

 

債務整理をすると、信用情報に事故情報が登録され5〜10年はローンを組んだりクレジットカードを作ることが出来なくなります。ローンを申し込むと、金融機関は信用情報機関というところに申込者の個人信用情報を確認します。

 

この個人信用情報に過去の返済履歴や借入履歴が記録されています。これらを確認したうえで、収入の状況などを加味して審査を行います。

 

この時、債務整理の記録が残っていると審査に通ることは難しくなります。信用情報機関はいくつかあり、それぞれで情報の登録期間が決められています。

 

また、ほとんどの金融機関は複数の信用情報機関に加盟しているので、情報は共有されています。そのためすべての信用情報機関で事故情報が消えていなければ審査に通る可能性は低いでしょう。

 

事故情報の登録期間

信用情報機関 自己破産 個人再生 任意整理
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 10年 10年 区分なし
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 5年 掲載されない 掲載されない
株式会社日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年

なお、個人信用情報は本人も照会することが可能です。事故情報がまだ残っているかどうか気になった場合は確認してみるといいでしょう。

 

しかし、信用情報機関の情報はあくまで参考にされるものなので、実際はカードローン会社や金融機関などによっては破産や再生の情報があってもローンが組める場合もあります。ただし、過去に債務整理を行った業者の場合は、再び借り入れをすることは難しいでしょう。

 

これは事故情報が信用情報機関からは削除されていても、金融機関の社内顧客情報には残っているいわゆる「社内ブラック」という状態になっているためです。

 

債務整理後にローンを組んだりクレジットカードを作るときは、事故情報が消えるのを待ち、債務整理を行った業者以外を利用するようにしましょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について