債務整理 結婚

債務整理が結婚にもたらす影響は?

 

結婚を控えているのですが、結婚する前に債務整理をした方が良いでしょうか?債務整理をすると結婚に影響が出たりしますか?


 

 

債務整理をすることで結婚に直接悪影響が出る、ということはありません。相手に迷惑をかけないためにも早めに債務整理してしまった方が良いでしょう。


 

結婚を前提に付き合っている人がいるけれど借金を抱えているという場合、結婚前に債務整理をするべきかどうか、結婚相手に借金について、債務整理について伝えるべきかどうか迷う人も多いと思います。

 

債務整理をすることで結婚に支障が出るのでは…と不安に思う人も多いと思いますが、実際のところは債務整理をしたことで直接的に結婚に悪影響が及ぶことはほぼないと言っていいでしょう。

 

債務整理をしたからと言って結婚できなくなるなんてことはありません。また、債務整理を行った債務者の結婚相手が信用情報機関に登録されてブラックリスト扱いになる、なんてこともありません。

 

債務整理すると借金が結婚相手にバレる?

借金の問題について結婚前に結婚相手に打ち明けた方が良いのか、という悩みは特に女性に多いようです。お金や借金の問題は、男性よりも女性の方が「相手に知られたら嫌われるんじゃないか…」「お金にだらしないと思われ、破談になってしまうんじゃないか…」と心配する傾向が強いようです。

 

でも、債務整理をしたことが戸籍や住民票に載ることもありませんし、結婚相手に通知が行くこともないので、債務整理をしたことで借金をしていたことがバレるという心配はありません。任意整理であれば家族にすらバレる可能性は低いです。

 

ただし、債務整理をすると債務者本人はブラックリストに載るので、その後一定期間クレジットカードを作れなかったり、ローンを組めない状態になります。もしブラックリストに載っている状態で結婚したとして、クレジットカードの審査に通らない、住宅ローンが組めないなどがきっかけに過去の借金がバレてしまうということはあり得ます。

 

また、興信所を使って相手に調べられた場合にも、ブラックリストに載っていることが発覚してしまうということもあり得ます。しかしこうしたケースはごく稀なので、基本的には心配しなくても大丈夫です。

 

それよりも借金があることを隠して結婚して、借金の返済が滞って自宅に督促が来たりする方がバレる可能性は高いでしょう。

 

結婚相手に影響はある?

結婚前に債務整理をすることで結婚相手に何かしらの悪影響があるということはありません。結婚相手がブラックリスト扱いになるといったこともないので、結婚後に配偶者がローンを組んだりクレジットカードを作ることに問題はありません。

 

債務整理をした本人はブラックリストに載っている間はローンを組めないので、そうした意味では困る場合もありますが、一生ローンが組めないわけではないのでブラックリストから消えるまでの辛抱です。

 

また、住宅ローンや自動車ローンは夫名義で契約することが多いと思うので、女性の場合はあまり影響がないかもしれませんね。

 

結婚して名字が変わったら事故情報は消える?

女性の場合は結婚すると名字が変わることが多いですが、名字が変わると事故情報はどうなるのでしょうか?

 

借入の申し込みを受けた消費者金融などの金融機関は、申込者の審査をする場合の照会手段として氏名を利用します。過去の債務やその返済状況を調査するため、結婚などで名字が変われば金融機関に債務整理の事実がバレないようにも思われます。

 

事実、消費者金融やクレジットカード会社でも旧姓の債務情報を調べられる免許証などの個人情報の提供がない場合は、旧姓であった個人が誰なのか確実に特定できないというのが現状です。その結果、姓が変わることで審査に通る可能性はないとは言い切れません。

 

しかし、そのあたり金融機関側も厳しくチェックしているので、借入の申し込みを行う時に審査時に結婚などで姓が変わったどうか聞かれることもあります。また金融機関によってはあらかじめ申込書に旧姓をかく欄がある場合もあります。

 

名字が変わったからと言って債務整理をしたという情報が消えるわけではありません。旧姓が判明すれば、過去の債務整理の情報は簡単にバレてしまいます。たとえ審査を通過しても、その後バレてしまった場合は金融機関荒野信用を失い、クレジットカードの場合はカードの返還を求められることもあります。

 

なので債務整理後は、結婚して名字が変わったとしてもお金は借りられない、カードは作れないと思っておいた方が良いでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について