債務整理 住宅ローン

債務整理をすると住宅ローンはどうなる?

 

家のローンがまだ残っているんですが、債務整理をすると住宅ローンはどうなりますか?住宅ローンも債務整理できるんでしょうか?


 

 

住宅ローンが残っている場合、債務整理の方法によって家を残せるか、残せないかが変わります。

 

支払が困難な場合は住宅ローンも債務整理できますが、家を失うことになります。


 

住宅ローンは債務整理できる?

住宅ローンや車のローンの支払いが厳しい場合は、何らかの法的手続きを取ることで解決することが出来ます。

 

借金は任意整理や自己破産などをすることでなくすことができます。任意整理と言うと通常借金を対象とするものですが、任意整理できる債務は消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシングによる債務だけではありません。

 

金銭債務であれば任意整理は可能なので、住宅ローンや自動車ローン、その他ショッピングによる債務も任意整理をすること自体は可能です。

 

ただし、住宅ローンを任意整理すれば家を、自動車ローンを任意整理すれば車を失う可能性があります。

 

住宅ローンを組む場合、通常はその購入した住宅に抵当権が設定されています。任意整理をすると、この抵当権が実行され、住宅が競売などに出されてしまいます。

 

抵当権とは住宅ローンなどでお金を借りた時に、家と土地をその借金の担保として確保しておくためのものです。そのため住宅ローンが支払えなくなってしまった場合は、その家と土地を銀行が取り上げることができるのです。

 

自動車ローンの場合も同様で、通常は自動車に所有権保留という担保が付けられます。任意整理をするとこの所有権保留が実行され、その自動車はローン会社または自動車販売会社に引き上げられてしまうのです。

 

ローンを返済中の家や車を手放さずに任意整理するには

任意整理の場合は特定の債権者を整理の対象から外すことが可能なので、住宅ローンや自動車ローンを整理の対象にしなければ家や車を残すことが出来ます。

 

任意整理はあくまで任意の交渉なので、特定の債務だけ対象から外して手続きすることが可能です。ただし、任意整理の対象から外すということは延滞などせず返済を続けることが前提となります。

 

支払い続けることが可能であれば問題ありませんが、他の債務を任意整理しても返済が困難な場合は、住宅ローンを組んでいる債権者に相談し、返済期間の延長や一時的な返済免除の相談をする必要があります。

 

一方で、自己破産や個人再生の場合は裁判所を通じた公的な手続きなので、特定の債権者への債務だけを隠したり、整理の対象から外すことはできません。そのため自己破産や個人再生であれば、自動車ローンが残っている場合はそのローンも整理の対象となってしまうので、車を処分せざるを得なくなってしまいます。

 

さらに自己破産の場合は、たとえローンが完済していても資産価値が20万円以上の資産は処分対象となるので、家や車を手放すことになります。

 

住宅ローンに関しては、個人再生であれば住宅ローン特則というものが認められているので、一定の条件を満たせば住宅ローンのみ整理対象から外して家を手元に残すことが可能です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について