債務整理 家族 影響

債務整理すると家族に影響はある?

 

債務整理をすると家族に影響が出たり迷惑をかけてしまったりしませんか?


 

 

債務整理の方法にもよりますが、それほど大きな影響はない場合がほとんどです。


 

債務整理をすると家族に迷惑をかけてしまうんじゃないか、子供の進路や就職に影響してしまうんじゃないかと心配している人もいるかもしれませんが、債務整理の方法などにもよりますが、そこまで大きな影響はない場合が多いです。

 

任意整理の場合

任意整理をした場合、家族に影響があることはほとんどありません。任意整理を行っても、家族の名義で契約しているクレジットカードが使えなくなったり、ローンを組むことが出来なくなるといったことはありません。

 

任意整理をすると事故情報が信用情報機関に5年ほど登録されますが、信用情報機関では個人ごとに信用情報を管理しています。また、登録されている信用情報はその人個人の経済的信用性を判断するための材料に過ぎません。そのため任意整理をしたことが信用情報機関に登録されても、その本人以外の家族に影響することはないのです。

 

ただし、任整理をした本人の名義で契約しているクレジットカードの家族カードを家族が使っている場合は、家族カードも使えなくなってしまいます。

 

また、家族に連帯保証人になってもらって借金をしたりローンを組んだりしている場合は、その借金を任意整理すると連帯保証人である家族に請求が行くことになります。こうした場合は家族に迷惑がかかってしまいますが、任意整理の場合は一部の債務を整理の対象から外すこともできるので、連帯保証人付きの借金を任意整理しなければ家族に迷惑をかけないようにすることもできます。

 

ですが、どうしても返済が難しい場合は任意整理せざるを得なくなります。そうした場合は任意整理手続きをする前にきちんと連帯保証人になっている家族と話し合いましょう。

 

個人再生・自己破産の場合

個人再生や自己破産の場合も基本的には本人以外に影響が及ぶことはありません。自分が自己破産したからと言って代わりに家族に借金返済の請求が来たり、家族の財産まで差し押さえられるということもありません。また、貸金業者が家族をお金を借りて借金を返すよう要求することは違法なことなので、そうしたこともありません。

 

ただし、家族が連帯保証人になっている場合は別です。連帯保証人は、借金をした本人が返済不能になった時に代わりに本人と同等の責任を負う必要があります。そのため、もし借金をした本人が自己破産をすると、借金を連帯保証人である家族が支払わなければならなくなります。連帯保証人が返済が不可能な場合は、連帯保証人も自己破産などの債務整理を検討することになります。

 

また、自己破産の場合は自宅や車など20万円以上の価値のある財産は差し押さえられてしまいます。もし自宅が破産者本人の名義で所有している場合は、住んでいる家が差し押さえられてしまうので同居している家族にも迷惑がかかってしまいます。

 

自己破産をすると子供の将来に悪影響が出るんじゃないか…と心配される人も多いと思いますが、実際にはお子さんの進学や就職に何らかの影響が出るといったことはありません。ただし、教育ローンや奨学金を利用する際は制限を受ける場合があります。

 

また、お子さんが住宅ローンや車のローンを組む場合に保証人を頼まれた際、信用情報機関に事故情報が残っていると保証人になれないので注意が必要です。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について