債務整理 2回

過去に債務整理をしていても、2回目の債務整理はできる?

 

過去に債務整理をしたことがあるのですが、再び債務整理をすることはできますか?


 

 

債務整理には基本的に回数制限がないので、2回目の債務整理をすることは可能です。ただし、債務整理の種類によっては一定期間を置かないと行えないものもあります。


 

債務整理を過去に一度しているけれど、その後減給や失業などの理由で返済が困難になってしまったり、再び借り入れできるようになってまた借金を作ってしまい、返済ができなくなってしまった場合、再び債務整理をすることは可能なのでしょうか?

 

任意整理後に返済できなくなった場合、2回目の任意整理はできる?

まず、任意整理は法的手続きではないので法律上回数を制限されることはありません。そのため2度目の任意整理を行うことも可能です。しかし、最初に行った任意整理のあと、減給や失業などの理由で返済が困難になってしまった場合は2回目も任意整理をすることは難しいでしょう。

 

任意整理では債権者である金融業者も妥協できるギリギリのラインで和解契約を結んでいるはずです。そのため、その契約を反故にされた上にまた減額してほしいと言われても、和解に応じてくれる業者は少ないでしょう。

 

そもそも一度目の任意整理で将来利息の免除や過去の過払い利息のカットなどをしているので、2度目の任意整理をしてもほとんど借金を減額する余地はありません。任意整理は自己破産や個人再生と異なり、借金の元本そのものが免除されたり減額されることはありません。あくまでも利息をカットしてもらったり、遅延損害金を免除して返済スケジュールを調整し直すことしかできないのです。

 

債権者が和解契約に応じなければ2回目の任意整理は成立しません。それどころか、期限の利益の喪失を主張されて、残りの借金の一括返済を求められたり、裁判所に訴訟を起こされる可能性もあります。

 

もし任意整理後に返済計画が破綻してしまった場合は、個人再生や自己破産といった他の方法を検討しましょう。個人再生や自己破産なら、法律上の要件を満たしていれば十分に減額や免責の許可が下りる可能性があります。

 

2回目の任意整理ができるケース

2回目の任意整理が難しいのはあくまで同じ業者を対象として、かつ1度目の任意整理が破綻した場合です。一度借金を完済し、全く違う業者からの借金を任意整理するのであれば、過去に任意整理をしていても全く問題なく手続を行うことができます。

 

債務整理の種類によっては、すぐには2回目の債務整理を行えない場合がある

債務整理には基本的には回数制限というものはありませんが、債務整理の種類によっては一定期間を置かないと再び手続きをすることができない場合があります。

 

例えば、自己破産は前回の自己破産で免責を受けてから7年経過していないと再び自己破産を行うことはできません。自己破産で免責を受けた後の7年間は、免責不許可事由扱いになるので、2度目の自己破産をしても免責が下りないのです。

 

ただし、2度目の自己破産に至った理由がやむを得ない事情によるものの場合は、7年経過していなくても免責許可が下りることもあります。例えば、病気などでまた借金が増えてしまった、リストラにより収入がなくなり生活が悪化した、連帯保証人を引き受けた借金の債務者が破綻した、などの場合は免責が下りる可能性があります。

 

ただし、パチンコやギャンブルによる借金、浪費、投機性の高い投資による破綻などが理由だと、免責許可を受けるのは難しいでしょう。そもそもこうした理由は免責不許可事由にあたるので1度目の自己破産の場合でも免責許可が下りる可能性が低いです。

 

1度目の自己破産であれば裁判官の裁量によって免責許可が認められるケースも多くあります。ですが2度目の自己破産となると、当然1度目よりも厳しい目で見られることになります。自己破産は借金がどうしても返せない人が利用する最終手段ですので、安易に利用できないということを心得ておきましょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について