債務整理 クレジットカード

債務整理をするとクレジットカードはどうなる?

 

債務整理をするとクレジットカードはどうなりますか?全部のカードが使えなくなってしまうのでしょうか?


 

 

債務整理を行うとクレジットカードは解約扱いになります。たとえ任意整理でクレジットカードを残そうと1社だけ対象から外したとしても、 更新タイミングで債務整理をしたことが分かってしまうので、最終的にすべてのカードの利用ができなくなります。


 

債務整理をすると、通常今持っているクレジットカードは利用停止になり、解約扱いとなります。

 

弁護士に債務整理を依頼した場合、債務整理の対象のクレジットカード会社には受任通知というものが送られます。受任通知を受け取ったカード会社は契約者が債務整理を行ったことを知り、すぐにクレジットカードの利用を停止します。

 

利用が停止されると解約扱いとなるので、そのクレジットカードはもう利用できなくなります。そのためクレジットカードは不要になるので、債務整理を依頼する際に弁護士に提出しましょう。また債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報が登録されている間は新たにクレジットカードを作ることはできません。もちろん、カードローンなども利用できません。

 

事故情報の登録期間は債務整理の方法によって異なります。任意整理と個人再生の場合は5年間、自己破産の場合は5〜10年と言われています。

 

しばらくの間はどこからもお金を借りられず、カードも使えない状態となりますが、さらに借金を増やしたり浪費をせずに必要最低限の出費で生活できるように心がけて、再び債務整理をしなければならないような状況に陥らないようにしましょう。

 

任意整理ならクレジットカードを残すことができる?

任意整理であれば、特定の債権者だけを対象にして借金を整理することもできるので、クレジットカード会社の1つだけを対象から外してクレジットカードを残すことも理屈上は可能です。未使用のカードや残債の少ないカードなら任意整理をしないことも多いので、そうしたカードを手元に残しておくことはできなくはありません。

 

ですが、もしクレジットカード会社を任意整理の対象から外しても任意整理をしたという情報は信用情報機関に記録されるので、カードの更新や与信審査のタイミングで任意整理をしたことがバレてしまうと利用停止になってしまう可能性があります。

 

与信審査のタイミングはクレジットカードによって異なります。数週間おきに途上与信をしているカード会社もあるようです。ただ、そのカード自体に一度も遅延や延滞が無い場合は、事故情報が見つかってもそのまま利用できるケースもあります。これはクレジットカード会社の審査基準によるものなので、一概に任意整理をするとカードが利用停止になるとは言い切れません。

 

ですが、弁護士からはカードを解約したり、利用しないよう指導されることもあるので、基本的には債務整理を行ったらクレジットカードは利用できないと思っておいた方が良いでしょう。

 

公共料金の支払いでカードを使っている場合は?

クレジットカードで公共料金の支払いなどをしている場合は、カードが利用停止になってしまうと困ってしまいますよね。なので、債務整理をすると決めたら公共料金などの支払い方法を変えるようにしましょう。

 

また、銀行のデビットカードならクレジットカードの代わりに使うことが可能です。デビットカードとは、カードを利用すると連動している銀行口座からリアルタイムに引き落とされるというものです。分割払いやリボ払いといった機能はありませんが、手持ちの現金が無い場合でも買い物が出来たり、ネットショッピングで利用することも出来ます。

 

また公共料金の支払いにも使えるところが増えてきているので、クレジットカードが使えなくなってもデビットカードを利用すれば便利です。銀行の預金額範囲でしか利用できないので、使い過ぎてしまう心配もないのでおすすめです。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について