債務整理

借金問題を解決するには

さまざまな理由で多額の借金を抱えてしまい、返済が困難になってしまった人は大勢います。そんな人を救済する方法として「債務整理」というものがあります。

 

債務整理とは

 

借金問題を解決するなら債務整理をするといいとよく聞きますが、債務整理ってどんなものなんですか?


 

 

債務整理とは、借金を整理する方法の総称です。債務整理を行うと借金が減る、もしくはすべて帳消しになり、借金返済の苦しみから逃れることができます。

 

債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」、といった方法があります。また、最近よく耳にする「過払い金返還請求」も債務整理の方法のひとつです。


 

任意整理とは

任意整理は裁判所などの公的機関を通さずに債務者と債権者の間で利息や毎月の返済額減らしてもらえるよう交渉し、借金額を圧縮する方法です。最近では過払い金の請求も併せてすることが多いです。

 

個人再生とは

個人再生は借金を大幅に減額してからその借金を原則3年で返済していく方法です。任意整理では返済していくことが難しいけれど、住宅などの資産を手元に残したい場合に向いています。

 

自己破産とは

自己破産は現在ある財産をすべて処分し、借金を全額免除してもらう方法です。返済不能な状況であることを裁判所に認められると免責が下り、借金を返す必要がなくなります。ただし住宅など資産がある場合は没収されます。

 

過払い金返還請求とは

返済時に払い過ぎていたお金を変換してもらうよう請求するものです。返済中に過払い金返還請求をする場合は債務整理の一環とみなされます。完済している場合は信用情報に影響はありません。

債務整理は家族にバレずにできる?

 

家族に内緒で作った借金なので絶対に知られたくないんですが、債務整理をすることで家族にバレたりはしませんか?


 

 

債務整理の方法にもよりますが、家族にバレずに債務整理を行うことはできますよ。


 

借金を抱えている人の中には家族や周りの人に内緒にしている人も多いと思います。友人や知人、親戚に知られたくないという人や職場に知られたらどうしようと不安に思っている人、心配や迷惑をかけたくないからと家族にも内緒にしている人…でも、今のままではいつかバレてしまうかもしれません。

 

債務整理を行うと借金の完済は早まりますが、債務整理をすることで家族や周りの人にバレてしまうことはないのでしょうか?また家族にバレずに債務整理を行うことはできるのでしょうか?

 

これは債務整理の方法にもよります。

 

任意整理であれば、基本的に家族や周りの人にバレることはありません。個人再生や自己破産は状況によってはバレてしまうことがります。

 

また任意整理の場合も家族にバレずに行うには弁護士の協力が必要不可欠です。また、もし家族が保証人になっている借金がある場合、債権者から弁済の請求が行くのでバレてしまいます。任意整理の場合は整理する借金を選択することができるので、家族が保証人になっている借金は任意整理の対象から外して手続きを進めるといいでしょう。

 

個人再生・自己破産の場合は配偶者の給与明細や源泉徴収票が必要になるため、こっそり持ち出すことができない場合は内緒にしておくことは難しいでしょう。また自己破産の場合、持ち家が自分名義だと処分の対象となるので、隠し通すことはまず不可能です。

 

なお、個人再生や自己破産をした場合は官報に掲載されてしまいますが、一般の人が官報を見ていることはまずありませんし、見ていたとしても数多くの人の情報が掲載されている官報からあなたの情報を探し出すのはかなり困難なので、まずバレる心配はないでしょう。

債務整理を行うとどんなデメリットがある?

 

借金も減って、家族にもバレないなら安心ですね!


 

 

いえいえ、安心してばかりもいられないかもしれませんよ。実は債務整理はメリットばかりではなく、デメリットもあるんです。


 

債務整理をすると借金が減額したり、すべてゼロになるというメリットがありますが、メリットばかりではなくデメリットもあります。債務整理のデメリットはどの方法を選ぶかによって異なります。

 

任意整理のデメリット

任意整理を行った場合のデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

  • 5年ほどブラックリストに掲載される
  • 強硬な債権者だと和解が成立しない場合がある

 

個人再生のデメリット

個人再生を行った場合のデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

  • 5〜7年間ブラックリストに掲載される
  • 住所・氏名が官報に掲載される
  • 手続きが複雑なため、手間と時間がかかる

 

自己破産のデメリット

自己破産を行った場合のデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

  • 10年ほどブラックリストに掲載される
  • 持ち家など、原則20万円の価値がある財産は処分される可能性がある
  • 住所・指名が官報に掲載される
  • 免責決定を受けるまでは一部就業できない職業がある

 

過払い金請求のデメリット

また、過払い金請求も一見お金が返ってくるのでデメリットはなさそうに思う人もいるかもしれませんが、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 過払い金を請求すると、今後二度とその貸金業者からは借り入れができなくなる可能性がある
  • 貸金業者が倒産してしまった場合は返還される過払い金が大幅に減額されることがある

 

他にもどんなメリット・デメリットがあるのかを知った上で債務整理の方法を選ぶといいでしょう。

 

なお、どの方法で債務整理ができるかはその人の借金の額や収入面などにも影響されます。素人では判断が難しい点なので、まずは専門家である弁護士に相談してみるといいでしょう。


任意整理について 自己破産について 個人再生について 過払い金返還請求について